日本政府は2030年度以降新築される住宅について、ZEH基準の水準の省エネルギー性能の確保を目指すことを発表されています。

今後、ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラのように、エネルギー効率の高く、そして課金・管理機能付きのEV充電設備が備わった集合住宅がスタンダードになるでしょう。