SDGsと私たち

SDGsとは

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際目標です。
2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されました。
世界各国から寄せられた意見を広く取り入れた17のゴールと、169のターゲット(具体的な目標と手段)から構成されています。

これは2030年の世界のあるべき姿を描いていて、その姿に近づくためにいま何が必要かを整理したものです。
あるべき姿、それは「誰一人取り残さない、持続可能な社会」であり、実現するのは私たちです。

目標をクリックすると
詳しい解説を見ることができます!

身近なSDGs

SDGsでは、貧困や環境問題への対策はもちろん、
働きがいまちづくりもテーマとなっています。
一部の国・地域の問題ではなく、日本で暮らす一人ひとりが当事者。
そのため、ゴールの達成方法はボランティア活動だけではありません。
民間企業の普段の業務や、個々人の生活見直すことが求められているのです。

働きがい まちづくり

一部地域でのボランティアだけでなく… 日本の企業も個人もプレイヤー!

具体的には何をすればいいの?

(一例)

企業

  • ・ゴミの分別・リサイクルを徹底する
  • ・産休・育休制度を整備する
  • ・全社員・家族が健康診断を行う
  • ・テレワークなど多様な働き方を導入する
  • ・資格の取得を支援する
  • ・持続可能性に関する報告書を発行する
  • ・ユニバーサルデザインを使用する

個人

  • ・使っていない電源を切る
  • ・エコな商品を使う
  • ・食べられる量だけ料理する
  • ・エアコンの温度を抑えめにする
  • ・マイバッグを使用する
  • ・使わない衣服や本を寄付する
  • ・差別や不平等には声を上げる

ちょっとしたことから始められます!

企業がSDGsに取り組むメリットとは?

従来、企業の社会貢献などというと、“寄付や慈善事業を行う”という発想でした。
しかしSDGsなどの取り組みでは、事業を通じて、“利益を上げながら世界を変える”という
持続可能な取り組みになっています。
また、企業がSDGsに取り組む具体的なメリットには、以下のようなことも挙げられます。

経営方針の明確化

サステナブルな事業の繁栄における現状の課題がわかり、
方針が明確になる

新規市場開拓、事業機会創出

自社の優位性に基づいた製品・サービスの開発により
新しい可能性につながる

企業イメージの向上

企業価値向上により、投資家や消費者に
新たなブランディングで訴求できる

社員のモチベーション向上

働きやすい環境づくりが進むことで、
社員のやりがいが向上

SDGsへの取り組みは増えている

企業やさまざまな団体が、官民問わず、ときに連携しながらSDGsに取り組んでいます。
中にはSDGsの実践そのものが事業となっているものもあり、
そうして提供される製品・サービスは新たな市場を創出しています。

事例:1 環境に優しい製法の 農作物をブランド化

  • ・農作物の製造過程で使用する重油を不要に
  • ・クリーンな製造方法で栽培された農作物としてブランド化

小売業の企業と
農業団体等
が連携

事例:2 開発途上国での古着リユースをビジネス化

  • ・古着を回収し、開発途上国に安価で販売
  • ・金銭を介在させることで持続性を担保し、現地雇用を創出

リサイクル業の企業

事例:3 障がい者がつくるお菓子ブランドの展開

  • ・作業工程を単純化し、障がい者等が働けるお菓子ブランドを展開
  • ・障がい者の雇用と商品への付加価値創出を実現

一般社団法人
職人デパートが連携

もっと詳しく知るには…

持続可能な開発目標(SDGs)(総務省)
SDGsに関する17のゴールと169のターゲット
及び指標(仮訳)を読むことができます。
JAPAN SDGs Action Platform(外務省)
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」などの
SDGsに関する各種資料や取組事例がまとめられています。
United Nations Sustainable Development(United Nations)
国連のSDGsに関する情報提供サイトです(英語等)。
ニュースや取り組みなどの情報を得ることができます。

当サイトの
記事・コラム」や「企業のSDGs事例でもさまざまな情報を発信しています。
SDGsでイノベーションをとお考えなら、必見です。

TOP