初回トライアルより3倍となる24万食の食品を配送 国内大手食品卸企業・食品メーカーが一体となって親子支援団体と協働する全国規模の取組

認定NPO法人フローレンス(東京都千代田区、代表理事:赤坂緑)と株式会社日本アクセス(東京都品川区、代表取締役社長:佐々木 淳一)は、大手食品メーカー各社の協賛のもと、全国のこども宅食実施団体など子育て支援団体を通じて全国の子育て家庭へ食支援を行う取り組み「こどもフードアライアンス」の第2弾を10月より実施しています。

2022年1月のトライアル配送では、コロナ禍で経済的な困窮を深める子育て家庭を支援するため、フローレンスグループの一般社団法人こども宅食応援団(以下、こども宅食応援団)に加盟する全国65団体を通じて、約1万世帯に合計8万食の食品配送を実施しました。
今回の第2回配送では、前回の3倍となる約24万食をお届けいたします。