~史上最悪レベルの洪水被害を受け、パキスタンの被災者を支援~

緊急人道支援組織 ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区/以下、JPF)は、今年6月以降度重なる洪水に見舞われ、史上最悪レベルの被害が発生しているパキスタンの現状を受け、9月15日、パキスタンで緊急支援を実施することを決定しました。

パキスタン国家災害管理庁によれば、この洪水でこれまでに1,400人以上が死亡し、3300万人以上が被災※1したということです。また国土の3分の1以上が水没し、とくに被害が集中しているシンド州では150万戸以上の家屋が損壊している※2といいます。パキスタン政府と国連が8月30日に共同で発表した「2022年パキスタン洪水対応計画(FRP)」※3によれば、支援を必要としている人々の数は約640万人にのぼり、1億6,030万ドルの支援が必要とされています。

JPFは、本日より支援金の受付を開始しました。当該地域に迅速かつ効果的な支援を届けるため、皆様からのご支援をお願いいたします。