2022年11月1日、屋内農園型障害者雇用支援サービス「IBUKI KITAMOTO FARM」が誕生

株式会社スタートライン (本社:東京都三鷹市、代表取締役:西村賢治)は、2022年11月1日(火)に、屋内農園型障害者雇用支援サービスIBUKI(以下、IBUKI)の20拠点目となる「IBUKI KITAMOTO FARM」を、埼玉県北本市に開設します。

■障害者雇用における社会課題
 民間企業において、従業員が43.5人以上いる事業主は、法定雇用率以上の割合で障害者を1人以上雇用する義務があります。2022年現在、民間企業の法定雇用率は2.3%と定められていますが、雇用率を達成できている企業の割合は47%と低い水準です。障害者雇用が進まない要因の一つとして定着率の低さが挙げられ、精神障害者の1年後の職場定着率は49.3%と、採用された障害者の約半数が1年以内に離職しています。今後も法定雇用率は引き上げられることが見込まれており、企業はさらに障害者雇用を進めていく必要があります。