2022年10月21日
報道関係者各位
株式会社ブオーノプラス

~人に地球に優しい洗浄方法「バイオリフォーム」~
東京海洋大学黒川研究室と環境負荷軽減の共創研究成果 第一弾発表
~SDGs×まちづくり推進において、NANOTOPで環境負荷軽減に貢献へ~

 株式会社ブオーノプラス(本社:広島市 代表取締役:貞井隆司)は、国立大学法人東京海洋大学学術研究院流通情報工学部門・黒川 久幸教授(所在地:東京都江東区)との共創で、排水問題等への環境負荷軽減対策実験を開始。下水処理場があっても大雨が降ると下水を処理しきれなくなり、未処理のまま河川や海に直接流されます。そのため、地域におけるホテル等施設から排水される汚水が最終的には海洋環境汚染原因のひとつとなっている。洗浄成分100%植物性洗剤NANOTOPを使用し、実際に用いた場合の汚れ落ちを数値測定。その成果を検証しSDGs×まちづくり推進へ。