DESIGNART2022「再生工芸展」

2022年10月21日(日)からはじまるDESIGNART TOKYO 2022にて、オクノテが企画プロデュースを行った「再生工芸展」を東急プラザ渋谷にて開催します。

再生工芸は、オクノテ(代表:清水覚)と、加飾紙の製造・販売を行う有限会社湯島アート(代表:一色清)を発起人としたプロジェクトで、使われなくなったものや本来捨ててしまうものを、「一点もの」を作り出す伝統工芸の力で再生し、もう一度暮らしのなかに蘇らせることを目的としています。昨年のDESIGNART TOKYO 2021に引き続き、今年も「再生工芸展」として再生作品の展示を行います。