~ 大阪発、脱炭素社会実現に向けた取組推進に向け連携 ~

東武トップツアーズ株式会社(本社:東京都墨田区、社長:百木田康二)は、理事企業として参画している一般社団法人OSAKAゼロカーボンファウンデーション(代表理事:田中靖訓、以下「OZCaF」)との間で、10月6日(木)に包括連携協定を締結しましたので、お知らせいたします。

 OZCaFは、大阪府内において、大阪府、府内自治体及び参加企業が連携して、SDGs及び脱炭素に貢献する広範な活動を行うことにより、環境と調和した持続可能な経済社会の実現に寄与することを目的に設立されました。今回、2025年に開催される大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」が目指すSDGsの具現化、そして2030年のSDGs達成に向け、特に脱炭素(ゼロカーボン)社会の構築を官民連携で取り組むにあたり、脱炭素化のさらなる推進と、会員となっている400超の参加企業間の連携を深めることを目指すことについて、双方合意するにいたりました。
 今後はOZCaFとともに、脱炭素化社会実現に向け先進的な取組みを大阪から発信し、先導的な役割を果たしていくことを目指してまいります。
 当社はこれからも、自治体や地域の皆さまと連携しながら、課題解決に向けた取組を推進し、持続可能な社会づくりに貢献してまいります。