10月は食品ロス削減月間。長野でエシカルな消費スタイルを呼びかけ。

食品ロス削減を目指す株式会社ロスゼロ(大阪市西区、代表文美月)は、ながの東急百貨店が10月13日(木)より主催する「hug・eco ~フードロスを考える1週間~」に出展し、食品ロス削減を目指します。なお、ロスゼロが中部地方でイベントを行うのは、今回が初めてとなります。

■「hug・eco ~フードロスを考える1週間~」
信州には“あるをつくす”(目の前にある食べ物を残さず食べつくす)という言葉があり、“あるをつくして”食品ロスを解決しようと掲げ、企画されたイベントです。
ロスゼロが出店する他、アップサイクル商品(※1)や環境を考慮して作られた食品を扱うメーカーが出展します。

 ※1 そのままでは廃棄されるかもしれないものを、より価値のあるものに作り変えること

期間:10月13日(木)~19日(水)
場所:ながの東急百貨店本館地下1階イベントステージ
(hug・ecoイベント情報: https://www.nagano-tokyu.co.jp/event/entry-5765.html