アートディレクターにフォトアーティストのARISAK氏が就任。12人のドラァグクイーンのモデルから6人を発表。

●概要
SDGs × LGBTQ+ PHOTO ART PROJECT「DRAG QUEEN PROJECT TOKYO」

本プロジェクトで制作される写真集のアートディレクターとフォトグラファーに、VOGUE JAPANの日本の若手アーティスト10人にも選ばれたフォトアーティストARISAK氏が就任。

アイコニックな12人のドラァグクイーンのモデルとして、2022年9月15日に発表されたCerestia Grownに続き、レジェンダリーなドラァグクイーンhossy、LIL'GRAND-BITCHの他、ドリアン・ロロブリジーダ、イズミ・セクシー、枝豆 順子の日本を代表するドラァグクイーンの参加が決定した。

残る6人のドラァグクイーンは2022年11月1日に発表される。

また、本プロジェクトでは、2022年10月1日よりSDGsやLGBTQ+、ジェンダーニュートラルな取り組みをされている企業の協賛募集及び、LGBTQ+フレンドリーである国内外のブランドの衣裳協賛を募集中。
https://www.dqpt.jp/sponsorship/