〜創業80年の住宅建材会社が、DXを推進〜

天井の高さまである室内ドア「フルハイトドア®」の製造・販売を行う神谷コーポレーション湘南株式会社 (本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:神谷忠重)は、5年前からペーパーレスを推進し、当時と比較して事務文書の量を年間100,000枚以上削減しています。

ペーパーレス化は、国として推進している政策です。1998年には「電子帳簿保存法(※1)」、2005 年には「e-文書法(※2)」が施行され、森林保護や温暖化対策といった環境保全やSDGsの観点からも重要視されています。また、ペーパーレス化は業務効率改善やコスト削減、セキュリティ強化、オフィスの省スペース化など、企業側にもメリットがあります。
建材業界は、建築図面や仕様書・見積書など、もともと多くの紙文書が存在する業界ですが、当社はいち早くペーパーレスに目を向け取り組んできました。そのきっかけの1つとなったのが、2014年にお客様(工務店)が自動で見積を作成できるWEBシステム「カムイ」の開発です。リリース当初はさほど浸透していなかったカムイが2016年に本格的に稼働したことでペーパーレス化の成果が目に見えて表れてきました。2020年にはテレワークを本格導入したことで一気に労務管理のDX化を図り、紙の使用量が激減しました。
・2016年 紙の物件ファイル(見積書や図面などその物件にかかわる資料)を廃止
・2018年 紙で保管していた2016年以前の物件情報をデータ移行、段ボール459箱分の紙ファイルを廃棄
・2020年 タイムカードのデジタル化
・2020年 経費精算のデジタル化
・2020年 人事管理のデジタル化
・2021年 稟議書のデジタル化
・2022年 グループウェア導入により、紙文書での社内通知を全廃