-ファッションの廃棄問題に向き合うきっかけを名古屋で-

ブラザー工業株式会社(社長:佐々木一郎)の国内販売子会社であるブラザー販売株式会社(社長:三島勉)は、株式会社OpenFactory(社長:堀江賢司)が9月20日に開催するイベント「“隠れ繊維ロス”をリユースする《ReUse by Printing-01》 –コンタミボディを知ってみよう!Circular Exhibition vol.2–」に協賛する。

ブラザー販売では、「一人では抱えきれない課題や自社だけでは解決できない課題を、多様なパートナーシップから生まれる新しいアイデアで『解決し合う』社会の実現」をSDGsのゴールとして掲げている。
その活動の一環として、株式会社OpenFactoryが展開する「ReUse by Printing」プロジェクトのイベントに協賛する。イベントでは、綿花の殻などが混入し市場流通から外されてしまう規格外の生地「コンタミボディ(コンタミ)」で作られたTシャツに、クリエイターが「再生」をテーマにデザインした図柄をガーメントプリンター「GTX」シリーズで印刷して展示し、コンタミボディの現状とデジタル印刷が製品に与える付加価値の活用を考える。