「サステイナビリティ観光学部」の学びの特徴を発表

立命館アジア太平洋大学(所在:大分県別府市、学長:出口治明、APU)は、2023年4月に開設する「サステイナビリティ観光学部(英:College of Sustainability and Tourism)」について、2022年9月12日(月)の記者発表にて当学部における学びの特徴と学部所属教員などを発表いたしました。

「サステイナビリティ観光学部」は、日本で唯一のサステイナビリティ観光学を学べる学部です。社会課題解決という使命から生まれた学びを理論と実践の両輪からアプローチするこの学部は、持続可能な社会に必要な4つの要素「環境・社会・経済・文化」を複合的に学ぶことができる、先進的でユニークな学部です。

地球規模のあらゆる課題を解決するためには、グローバルな観点から、地域の資源(人間、環境、文化、歴史、景観など)に価値を見い出し、保護しつつも世界へ発信し、持続的な発展を実現する地域社会をつくる人材の育成が必要不可欠です。