日本、大阪-スイスをルーツに持つスイスホテル南海大阪(所在地:大阪市中央区、総支配人:シェーン・エドワーズ)は、所属する世界最大級のホスピタリティグループ・アコーと共にホテル内で使用する使い捨てプラスチック製品の2022年中の撤廃を目指しております。その一環として、全546の客室内に設置しているミネラルウォーターのボトルをペットボトルよりガラス瓶へと一新し、スイス エグゼクティブルームより順次導入いたします。

エレンマッカーサー財団によると、2016年の統計では世界で毎分100万本のペットボトルが使用されており、そのうちリサイクルされるのはわずか約7%、また捨てられたペットボトルが生分解されるまでには約450年かかると言われています。スイスホテル南海大阪ではホテル内使い捨てプラスチック撤廃への動きとして、まず2022年3月に客室用カードキーを全てプラスチック製から竹製へと変更いたしました。今回導入したガラス瓶もお客様がチェックアウトに専門業者が回収し、再利用いたします。

今後も客室内アメニティのみならずレストラン・バーなども脱プラスチック化を進め、引き続き持続可能な社会の構築へ貢献してまいります。