"昨今、DX(デジタルトランスフォーメーション※1)同様、
経営者が注目するSX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)。

これは、2020年8月に経産省の 「サステナブルな企業価値創造に向けた対話の実質化検討会」 (※2)
が発表した「中間取りまとめ」の中で提示された考え方です。

企業の社会課題を見据えた長期的なイノベーションによる企業価値の向上には
投資家との対話とその手法が重要であること、それを推進してゆくことで社会、
そして企業のサステナビリティが高まることを提示しています。
企業の持続的に稼ぐ力と持続可能な社会を同期し、それを長期の時間軸で投資家が支援する
という戦略指針です。

これまでも、社会的な課題を事業で解決することで持続的な成長へとつなげていく差別化戦略、
CSVで企業価値向上を推進してきた企業ですが、さらに取り組みが進むことが期待されます。

また、統合報告書などの報告書で、
企業価値と中長期の企業戦略を投資家に向けて発信していましたが、
これからは価値創造ストーリーのガイドラインである「価値協創ガイダンス」に基づいて、
投資家との対話をより重視していくことになります。

社会のサステナビリティに、企業の担う役割は大きいといえます。
一方、SX視点の投資や消費についても、今後、ますます重要になってくると思われます。

※1 DX(デジタルトランスフォーメーション):IT技術が浸透することで人々が生活しやすい社会をつくりだすこと
※2 「サステナブルな企業価値創造に向けた対話の実質化検討会」
https://www.meti.go.jp/shingikai/economy/sustainable_kigyo/index.html"