日本コカ・コーラ株式会社は、清涼飲料水を製造販売するコカ・コーラ・カンパニー(米)の日本法人です。

同社が発行しているレポート「日本コカ・コーラ 2022 ESGレポート」では、SDGsの取り組みが「多様性の尊重」「地域社会」「資源」という3つのテーマでまとめられています。

「多様性の尊重」では、「ジェンダー」と「年齢/世代」を優先事項に掲げています。特に、女性活躍支援の成果として、女性社員比率40%・女性管理職比率40%(ともに2021年12月)という数字を挙げています。
「地域社会」では、取り組みの一環として、地域貢献型の自動販売機を設置したり、自治体との包括協定を結んだりしていることがわかります。
「資源」では、「容器/PET」と「水」を優先事項としており、サスティナブル素材を用いた容器の導入や水資源の保全に向けた活動の実績と目標が掲載されています。

詳しくは、こちら をご覧ください。