生活協同組合コープこうべは、卸・小売り事業や共済・サービス事業などを展開する協同組合です。

同組合が発行しているレポート「コープこうべ コミュニケーションレポート2022」では、将来ビジョン「ターゲット2030」の中で「つながり」「健康」「環境」「あんしん」という4つの観点からSDGsにつながる取り組みを紹介しています。

「つながり」では、高校生向けの「コープこうべ奨学金制度」や地域住民と協力しての「つどい場」つくりなど、助け合える地域社会形成を目指した活動が、「健康」では「健康づくりオンラインセミナー」や食品衛生の不安を払しょくする「商品検査センターの取り組み」など健康増進を促す活動が紹介されています。
「環境」では、太陽光発電設備を備えた環境配慮型店舗がオープンしたことやプラスチック削減に向けた取り組みなどが、「あんしん」では、地域のコミュニティーとしても機能する宅配の拠点づくりに関する情報や絵本を通じて子どもたちに平和の大切さを教える活動などがまとめられています。


詳しくは、こちら をご覧ください。