生活協同組合コープこうべは、宅配事業や電力事業、共済・サービス事業、福祉事業などを行っています。

同社が発行しているレポート「コープこうべ コミュニケーションレポート2021」では、SDGsの取り組みとして「コロナをこえて」をテーマとした2020年度の取り組みや、「つながり」「健康」「環境」「あんしん」のキーワードごとの取り組みが紹介されています。

「コロナをこえて」では、地域食堂の再開や福祉作業所と連携した「つながるマルシェ」の開催などが挙げられています。

「つながり」では、「明石市おむつ定期便」の開始や「わたしのSDGsアクションコンテスト」の実施など、「健康」では「ひょうごまるごと健康チャレンジ2020」など、「環境」では第8回食品産業「もったいない大賞」農林水産大臣賞を受賞した取り組みなど、「あんしん」では「コミュニケーション支援ボード」の全店設置などが掲載されています。

詳しくは、こちらをご覧ください。