食品ロスを解決するための豊富なAIテンプレートを提供し、SDGsに貢献

ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を提供する、株式会社MatrixFlow(本社:東京都台東区、代表取締役:田本 芳文)は、AIで事業系食品ロス324万トンを0にする「AI0プロジェクト」始動します。プロジェクトの開始に伴い、共に食品ロス削減を目指す共同パートナーの募集も開始します。

従来の食品ロスへのアプローチする手段としては、需要予測と適性価格予測が主流でしたが、この度、過剰生産に対する「需要予測」、売れ残り防止のための「適正価格予測」、原材料の余り回避のための「組み合わせ最適化」、生産工程のロスを防ぐ生産ラインの「異常検知」など、豊富なテンプレートを用意し、様々な角度から食品ロス削減のアプローチ方法を提供いたします。

本プロジェクトを通して、食品製造業、食品卸売業、食品小売業、外食産業の事業者と共に、日本の食品業界の問題を解消し、SDGsの達成に貢献します。