"beacon x 200 challenges”でみえてきた未来

2021年12月よりユカワ化工油株式会社(本社:愛知県岡崎市、社長:川澄薫)が、脱炭素の切り札として販売を始めた金属加工油「beacon(ビーコン)」(https://www.beaconf.jp) は、わずか1年間で200件以上の切削現場に導入されました。200現場の1年間の導入プロセスや課題、そこからの解決、今後に向けた考察を今回"beacon x 200 challenges"として発表します。こうした取り組みを今後のカーボンニュートラルに挑む多くの企業に共有していくことが、持続可能なものづくりへの第一歩になると考えます。