ゼロエミッション東京の実現に向けた取り組みを応援

本日1月25日、東京都庁で行われた次世代バイオ燃料「サステオ」を使用した都営バスの出発式に株式会社サンリオ(本社:東京都品川区)のキャラクターでSDGs応援活動をしている「ハローキティ」が登場しました。

このバイオ燃料を使用した都営バスは、東京都が電力のHTT(Ⓗ減らす・Ⓣ創る・Ⓣ蓄める)を推進するとともに、ゼロエミッション東京の実現に向けた対策の中で、環境にやさしいバイオ燃料の活用推進と普及を目的とし、東京都と株式会社ユーグレナが2022年10月31日に締結した協定を基に、小滝橋自動車営業所所有の都営バス58両がバイオ燃料によって運行。そのうち5両に、SDGs応援活動を続けているハローキティのデザインを用いたラッピングバスも走行します。ハローキティデザインにラッピングされた車両は、1月25日(水)から3月31日(金)まで東京都内を走行予定です。ぜひご注目ください。