5年連続CDPスコアB獲得を受け、気候対策の透明性の推進とさらなるコミットメントを表明

東京、2023年1月18日 — 世界中のお客様が購入した大切な製品をサポートし、守り、つなぐ革新的なソリューションを提供するビジネスサービス・カンパニーであるAssurant(NYSE:AIZ)は、2030年までに自社の温室効果ガス (GHG)排出量を40%削減するという環境目標を発表しました。この目標はパリ協定および科学的根拠に基づく目標イニシアチブ (SBTi) に準拠したもので、同社はこれを環境、社会、およびガバナンス (ESG) をめぐる企業指針の一環として設定し、世界各国の自社施設で持続可能な業務慣行を推進します。