お客様とともに環境資源の保全を エコバックの使用も促進 

株式会社ファンケルは、4月1日(土)から、サーキュラーエコノミー(循環型経済)※モデルを採用した紙袋を全直営店舗で使用開始します。この取り組みは、化粧品業界初※※の試みになります。
当社の物流センターで使用済みとなり排出される段ボールを回収し、協力企業にて環境に配慮した古紙100%の紙袋へリサイクルして直営店舗で使用します。プラスチック素材を一切使用せず、持ち手の紐はナチュラルコットン、印刷のインクにはバイオマスインキを採用した100%リサイクル可能なエコ仕様の紙袋です。
※サーキュラーエコノミー(循環型経済)とは、従来の経済活動では廃棄されていた製品や原材料などを「資源」と捉え、リサイクルや再利用などで活用して資源を循環させるという経済システム
※※当社調べ