2022年12月25日(日)に、「シャトレーゼ 今治駅前店」が余剰となったクリスマスケーキ約800個を、今治市内の児童福祉施設・児童養護施設・子供食堂などへ寄贈しました。

キスケグループ企業の株式会社呑吐樋(本社:愛媛県今治市、代表:山路松平)が運営する「シャトレーゼ 今治駅前店」は、クリスマスである12月25日(日)に、余剰分となったクリスマスホールケーキ・カップケーキなど約800個を、愛媛県今治市内の児童福祉施設・児童養護施設・こども食堂などへ寄贈しました。持続可能な開発目標(SDGs)に掲げられている、食品の廃棄や子どもの貧困といった社会的課題の解決に向けて、キスケグループでは積極的に取り組んでいます。