2022年12月19日(月)

『スポGOMI甲子園』は、15~18歳の高校生が3人1組のチームを結成し、制限時間60分の中で規定エリア内のごみを拾い、その質と量をポイントで競う地球にもっとも優しいスポーツで、仲間と楽しみながらごみ拾いをすることで、町や海のごみ問題を自分ごと化としてとらえていただくことを目的に開催されています。
2022年11月6日に行われた『スポGOMI甲子園2022・福岡県大会』で優勝した東海大福岡高等学校(福岡県宗像市、校長:津山憲司)在校生3人組の「ひがひがし」が、大会での成果を報告するため伊豆美沙子・宗像市長を表敬訪問しました。(当日、体調不良のため1名欠席)
このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催し、一般社団法人ソーシャルスポーツファウンデーションが企画しています。