国産竹の有効活用をテクノロジーで後押し

「顔の見えるライフスタイル」の実現を目指す株式会社UPDATER(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:大石英司)はSDGsプラットフォーム事業「TADORi」において、12月23日、株式会社アトリエデフが主催する「たのしく竹林プロジェクト」にブロックチェーンソリューションを提供しました。
「たのしく竹林プロジェクト」は国産竹の有効活用を進めることで、日本で深刻化する放置竹林問題の解決を目指すものです。プロジェクト内で販売される竹製品は販売価格に300円の応援金が含まれており、当社のブロックチェーンソリューションを活用することで、応援金がプロジェクト活動資金として届けられたことを証明します。

たのしく竹林プロジェクト 特設サイト
https://updater-blockchain.jp/bambooproject