〜武蔵小杉東急スクエアが挑戦するSDGsの見える化〜

 ZERO株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:沖杉 大地、四辻 弘樹、以下「ZERO」)は食品ロス削減BOX「fuubo(フーボ)」(以下、fuubo)を、株式会社東急モールズデベロップメント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐々木桃子)が運営する武蔵小杉東急スクエア(所在地:神奈川県川崎市中原区)に設置いたしました。
fuuboは、食品ロスがお得に買えるだけでなく、購入することでCo2も削減にも貢献できます。川崎市では初の設置となり、商業施設では全国で16台目になります。
 武蔵小杉東急スクエアでは、いらなくなった衣類品を回収して原料にリサイクルするイベントや、イルミネーションで使用する電力のカーボンオフセットなど、SDGsに関する取り組みを行っています。
 また、設置されている同施設5階には図書館や学童施設が併設しており親子連れのお客様も多いことから、SDGsの学びの場を幅広い世代に日常生活から提供できると考えております。
 東京都の中心地渋谷と神奈川県の中心地横浜との中間に位置する東急線沿線上の武蔵小杉駅をはじめとして、今後も設置を拡大していきます。