「ゼロエミッション東京」の実現に向け、EVエネルギーマネジメントの実用化を目指す

株式会社REXEV(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡部健、以下、REXEV)は、2023年3月より、大東建託グループの大東建託パートナーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐藤功次、以下、大東建託パートナーズ)、三井住友ファイナンス&リース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:橘正喜、以下、三井住友ファイナンス&リース)、住友三井オートサービス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤計、以下、住友三井オートサービス)と共同で、大東建託パートナーズが管理する賃貸住宅の入居者を対象に、同社の社有車を活用した「電気自動車(以下、EV)カーシェア」の事業化に向けた取り組みを開始します。
4社が協力して行う本事業では、EV蓄電池とIoT技術を活用し新しい電力需給調整の仕組みを構築、EVエネルギーマネジメントの実用化を目指します。