知ってるつもりのSDGsを基本から正しく理解し、サステナブル・ブランディングや顧客とのコミュニケーション設計においてSDGsウォッシュや炎上のリスクを回避する術を学ぶセミナー

SDGsの達成期限が2030年に迫る中、大企業だけでなく中小企業も、本格的に取り組みを進めることが求められています。SDGsという言葉の認知が急速に進み、「SDGsブーム」とも言われて久しい昨今。一方で、そのブームに便乗するかのように「SDGsウォッシュ」と呼ばれる“うわべだけの取り組み”をアピールすることでかえって炎上してしまう事例も後を絶ちません。

企業にはSDGsへの本質的な取り組みが求められていますが、うらはらにSDGsウォッシュが起きてしまう原因はどこにあるのでしょうか。SDGsウォッシュと見なされ炎上しないために、取引先や生活者に対してどのような点に気をつけたらいいのでしょうか。