・日本とザンビアのZ世代が生理について話す「世界女の子会議2023」を開催 ・SNSを通じたザンビアへの「布ナプキン作製支援」も継続

「エリエール」ブランドの生理用品「エリス」を展開する大王製紙株式会社(本社:東京都千代田区)は、世界中の女の子の自立を実現するための支援活動「ハートサポート2023」を2022年12月5日(月)に始動します。
5回目を迎える「ハートサポートプロジェクト」の2023年活動第1弾は、これまで支援を行ってきたザンビアと日本をオンラインでつなぎ、10代後半~20代前半の女性が生理について対話する「世界女の子会議2023」を初開催。「互いを深く知ること」をテーマに、日本とザンビアの同年代の女の子同士が日々の暮らしや生理時の過ごし方・考え方などを語り合い、お互いの違いや共通する部分を見つけることで、相互理解につなげていくことをめざしています。
また、2021年から継続しているザンビアへの「布ナプキン作製支援」も2023年3月に実施。Twitterでハッシュタグ「#エリスハートサポート2023」をつけて「世界女の子会議2023」の様子をまとめたイラストレポートの感想を投稿いただくと、1件の投稿につき布ナプキン1枚分の作製支援費がザンビアに届きます。