秋葉原UDX(運営・管理:NTT都市開発株式会社、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:辻上広志)は、エリアマネジメントの一環として、近隣住民、企業など52の団体と連携し、「SDGs」と「STEAM教育」をテーマに、地球や人々の未来を想い、その未来をよりよく変えるアクションを加速させていく取り組み「MIRAI ACTION AKIBA 2022」(以下、本プロジェクト)を2022年10月1日~2022年11月5日の約1カ月間にわたり実施いたしました。本プロジェクトは、講談社FRaU SDGs、JAXAの特別協力のもと、企業や立場を越えた担当者が「サステナブルな未来の実現に向けて、次世代に何ができるか」を真剣に考え、話し合いを重ねて実現しました。

結果、本プロジェクトに参加いただいた方は小中高生を含み400名を超え、数多くの学生にSDGsとSTEAMを考えるきっかけづくりを提供することができました。