容器の省資源化によりプラスチック使用量を約10%削減!

農産パック・農産フィルム等、青果物資材が主力事業で、「産地の鮮度を食卓へ」を掲げる総合食品容器メーカー エフピコチューパ株式会社(本社:東京都新宿区 以下、エフピコチューパ)は、容器の省資源化により約10%のプラスチック使用量を削減する、プラスチックリデュース製品「エコGPRシリーズ」を、2022年11月8日販売開始する。