SDGs教育に関心のある方へ

SDGs教育が受けられる場所として浜松市に認定されているOMソーラー本社(通称:地球のたまご)に、地域のこどもたち総勢約100名が集まりました。
OMソーラー(本社:静岡県浜松市西区村櫛町4601、代表取締役:飯田祥久)は、太陽熱を利用した全館暖房をベースに、自然エネルギーを利用して最小限のエネルギーで快適な住環境を目指す、空調機器販売事業を展開しています。

OMソーラーは11月4日に浜松市内にある曳馬小学校の在校生計約100名にOMソーラーの本社を含む約10,000坪の自然が広がる「地球のたまご」へ来訪していただき、自然エネルギーがどのように作られているのか、また私たち人間がどのように活用しているのかなどを体験やクイズなどで楽しみながら学んでいただきました。

地球のたまごの詳細はこちら▶
https://omsolar.jp/about/egg.php