化粧品特有の質感を活かした印刷用インキ「ecosme ink®(エコスメインキ)」の開発に成功、販促物などの印刷に再利用するアップサイクルの取り組みを開始

株式会社モーンガータ(本社:東京都練馬区、代表:田中 寿典、以下モーンガータ)は、モーンガータと凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)が開発し、東洋インキ株式会社(本社:東京都中央区、代表:柳 正人、以下 東洋インキ)が協業し、化粧品バルク(※1)を再生利用して製造した「ecosme ink®(※2)」を使用して、プロモーションツールの試作品を制作しました。
「ecosme ink®」は、従来のインキにはない、化粧品の持つラメ感やパール感によって独特な加飾表現が可能です。モーンガータは、このインキを使用して販促物や資材、パッケージの印刷に活用するというアップサイクルで、化粧品メーカーのSDGsの取り組みを支援します。