小田原市(市長:守屋 輝彦)と株式会社REXEV(代表取締役社長:渡部 健)は、EVを活用した地域エネルギーマネジメントモデル事業(以下「EVモデル事業」という。)に係る事業協定を締結し、シェアリングEVと地域のエネルギーマネジメントを連携させた取組を推進、EVを動く蓄電池として捉えた脱炭素型の地域交通モデルの構築を目指しています。
このたび、小田原市と株式会社REXEVは、このEVモデル事業とSBエナジー株式会社他が実施する脱炭素型ライフスタイル転換促進ウェブアプリケーションを活用した、外出の促進等につながるゲーム体験の提供とポイント等のインセンティブの付与による人の行動変容によるディマンドリスポンス実証事業の冬季実証※1に参加します。
また、小田原市とREXEVは、eemo(イーモ)会員向けの独自実証として過去に実施した電力需給の逼迫時におけるEVからの一斉放電のような直接的な充放電の制御※2に加え、割引クーポンの発行等を行います。本実証は人の行動変容を促すことにより節電・電力需給逼迫状況の緩和を図る、新たな選択肢・価値を創出するものです。