〜「お菓子」の代わりに「もったいないもの」がもらえる〜

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役 CEO:柳澤⼤輔)が企画・開発したコミュニティ通貨(電⼦地域通貨)サービス「まちのコイン」は、全国6地域で“SDGsなハロウィン”を楽しむイベント「もったいないハロウィン」を開催します。開催地域は、秋葉原(東京都)、池袋(東京都)、鎌倉(神奈川県)、智頭(鳥取県)、燕三条(新潟県)、八女(福岡県)*の全国6地域です。*五十音順
お店で余ったスイーツや野菜、塾で余った問題集、読まなくなった本、ホテルで余った未使用のアメニティや中古家電など、まちのスポットを訪ねながら、「まちのコイン」で「お菓子」ならぬ「もったいないもの」がもらえます。
まち・ひと・地球にうれしい体験で地域をつなぐをコンセプトに、コミュニティの活性化や関係人口の創出、SDGsの自分ごと化の促進に貢献してきた「まちのコイン」ならではのイベントです。