~国連の定める10月16日「世界食料デー」に、参画メーカー8社+1団体がコメントを発表~

料理SNS「スナップディッシュ」を運営するヴァズ株式会社(所在地:東京都武蔵野市、代表取締役:舟田 善)が2022年3月29日より発足した「肉の日に大豆ミートプロジェクト」に、株式会社トーフミート(所在地:山口県宇部市、代表取締役:村上英雄)、駒澤大学 グローバル・メディア・スタディーズ学部の各務(かがみ)ゼミで大豆ミートに着目し食糧問題に取り組むチーム「KEYSTORY(キーストーリー)」が2022年10月14日に新たに加わり、全8社+1団体の取り組みに拡大しました。

本プロジェクトは、ヘルシーで環境負荷が低く、食糧問題に対応する新たなタンパク源として期待される第4の肉・大豆ミートの購入経験率を2030年に100%まで引き上げることを目指し、大豆ミート商品を持つメーカーと家庭で料理をする皆さんと共に食卓への普及に取り組んでいます。地方発スタートアップ企業や、z世代と呼ばれる学生の皆さんが参加することで、より多様な大豆ミートの喫食体験提供や、幅広い世代に向けた情報発信が可能となり、さらに多くの方に大豆ミートへの関心や共感を広げることができます。