​大日本印刷株式会社(DNP)は、富士特殊紙業株式会社、有限会社クレエなどと共同で、プラスチックの使用量や製造時の温室効果ガス(Green House Gas:GHG:CO2・メタン等)の排出量を削減するとともに、分別廃棄可能な、リサイクル性を高めた環境配慮型紙製ボトル「ēfbottle™」(商標出願中*1)の開発を開始します。

「ēfbottle」のēfは、製品開発で目指した「環境にやさしい/Eco-Friendly」「地球にやさしい/Earth-Friendly」「排出ゼロ/Emission-Free」というキーワードと、共同プロジェクトの理念である「持続可能な新時代(Epoch)に向けて、各ステークホルダーが融合(Fusion)することで社会課題を解決する。」の頭文字に由来します。