日本の美を再解釈し 約4,400個の自社製品をアップサイクルした地球環境と社員に配慮した新たな美の創造拠点

世界最大の化粧品会社ロレアルグループの日本法人である日本ロレアル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ジャン-ピエール・シャリトン)は、新宿本社オフィスを改装し、ハイブリッド勤務を前提とする地球環境と社員の持続可能性に配慮した新オフィス「ビューティーバレー」での事業を開始しました。

世界をつき動かすような美の創造」をパーパス(存在意義)として掲げるロレアルは、1963年日本で事業を開始。2006年に新宿パークタワーへ本社を移転し、今回初となる大規模改装を行いました。「縁-EN-」というコンセプトのもと「ビューティーバレー」と名付けられた改装後のオフィスは、日本という国、お客様、お取引先各位、社員との「縁」をつなぐ美が生まれる場所にしたいという想いが込められています。