― アルミ箔からの置き換えで、サプライチェーンにおけるCO₂排出量を16%削減―

大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 以下:DNP)は、酸素や水蒸気に対する高いバリア性と、高い遮光性を有するハイバリアアルミ蒸着フィルムを開発しました。
医薬品・食品等のパッケージを中心に、内容物の品質保持のために使用してきたアルミ箔の代替え品として普及に努めることで、CO₂排出量が多いアルミ箔製造時の環境負荷の低減などにつなげていきます。