大島 郁葉教授(千葉大学 子どものこころの発達教育研究センター)が代表を務める「オールマイノリティプロジェクト:発達障害者を始めとするマイノリティが社会的孤立・孤独に陥らない認知行動療法を用いた社会ネットワークづくり」が、社会技術研究開発センター(RISTEX)が推進する社会技術研究開発事業のプロジェクトとして採択されました。デジタル認知行動療法アプリAwarefy(株式会社Hakali)も研究開発に参加して参ります。