女性性器切除(FGM)の合併症に苦しむ女の子と女性に適切な医療を

国際NGOプラン・インターナショナル(所在地:東京都世田谷区 理事長:池上清子 以下、プラン)は、武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 CEO:クリストフ・ウェバー、以下、武田薬品)の支援を受け、2023年1月より、「ソマリアの遠隔地における医療アクセス改善プロジェクト」を開始します。本プロジェクトは、巡回診療を通じて、取り残された人々に、その年齢や性別に適した最低限必要な医療サービスを提供するとともに、特にアフリカで2000年前から行われている有害な慣習、女性性器切除(Female Genital Mutilation/以下、FGM)の合併症に苦しむ女の子と女性たちに適切な医療を届けることを目的としています。