若い優秀な人材の企業離れと地方の過疎、双方の課題を解決する複業を学ぶ12のオンライン講座と14日間の地方研修で農ライフ(ビジネスも成り立つ農ある暮らし)学習プログラムを作成

極小農地でも収益性の高い農業を学ぶコンパクト農家専門の育成講座「コンパクト農ライフ塾※」を主宰する株式会社The CAMPus BASE(ザ·キャンパス·ベース 東京都世田谷区、代表 井本 喜久)は、小さい農家の営み方を学ぶ「コンパクト農ライフ塾」をプラットフォームに、今の仕事を続けたまま複業を求めている人を対象とした、農村で小商いと暮らしをつくる術を学ぶ実践型研修プログラム「複業村の農X」(https://nou-x.thecampus.jp)を新設。8月17日より申込み(開講は10月7日)を開始します。働き手ニーズやコロナ禍により急速に進んだ複業やリモートワーク、自然と共に暮らす農業という職業の人気の高まりを受け、第一弾は全国5地域の自治体・企業・農家と連携しながらプログラムを実施する。