〜BA.5などコロナ感染が急増の中、区内約70箇所のCO2 など15分毎の空気質ビッグデータを解析!区内保育施設等における「空気の見える化実証」の四半期レポートを実施〜

テクノロジーで暮らしや産業のアップデートを目指す、株式会社UPDATER(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:大石英司)は、Well-beingTech事業「みんなエアー」において、世田谷区と「空気の見える化」における実証実験を行う官民連携協定を令和4年2月21日に締結いたしました。
実証実験では、区内の子育て施設を中心とした約70施設を対象に、みんなエアーが提供する多機能空気センター「MADO(マド)」を設置し、CO2やPM2.5などに関する空気データを15分毎に収集します。空気状況をこのようにモニタリングしつつ、各施設の状況はみんなエアーが運営するメディアに一覧化され、いつでも施設内の空気環境をチェックできます。(本実証では施設利用者の保護者様にのみ限定公開)
今回は四半期報告として、換気効率が落ちている可能性や過換気によるエネルギーロスなどを報告し、設置施設の環境改善と安全で快適な空気環境基準の見直しを提言しました。
今後、さらに収集したビッグデータを基に、空調改善や環境改善の提案に繋げ、世田谷区に「幸せに過ごせる」Well-beingスポットの拡充を目指してまいります。