~ メニューやクロス類もサステナビリティに配慮したものに ~

人と自然を新しい資源循環でつなぐSDGsの日本酒「地エネの酒 環(めぐる)」と、ホテルシェフがご用意する環境に配慮したメニューとのペアリングをお楽しみいただく1日限りのイベントを、ザ・リッツ・カールトン大阪の36階に位置する最高級スイートで9月2日(金)に初めて開催いたします。

「環(めぐる)」は、「飲むことで地域の資源をめぐらせる」をコンセプトに、兵庫県内の4つの酒蔵と4つの農家が、持続可能なものづくりとして作り上げた新しい純米吟醸酒です。日々「食べる」営みから発生する「有機物」のごみを発酵させ、熱や電気となるバイオガスを作り、その副産物として生まれる「消化液」を有機肥料として活用し、化学肥料や除草剤を使用することなく酒米山田錦を栽培し醸造することで、地球環境の負担を減らすサステナブルな日本酒が誕生しました。