第1弾は“隠れ繊維ロス”をリユース。オーガニックコットンのコンタミボディに施すプリントのデザインを《art ippi》で募集

インターネットとデジタルプリントを使い、ユーザーのビジネスと全国の工場をオンデマンドでつなぐバックエンドプリントサービス「Printio(プリンティオ)」を展開する「株式会社OpenFactory(本社:東京都港区南青山、代表取締役:堀江 賢司)」は、「フェリック株式会社」と協業し、オーガニックコットンを用いたTシャツの普段は廃棄しているコンタミ在庫を用いた商品化を企画しています。また、「TSUKUSHI」の協力で、《art ippi》内で商品のデザインを2022年9月1日に募集します。