石油由来プラスチックの使用量を抑えるパッケージ、10月より販売開始

株式会社TBM(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:山﨑敦義、以下TBM)の石灰石を主原料とする「LIMEX Sheet(ライメックスシート)」80μmが、ニコニコのり株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:白羽清正、以下 ニコニコのり)の定番製品「焼きざみのり」のパッケージに採用されました。LIMEX Sheet 80μmが食品パッケージに使用される初の事例となります。本パッケージは、富士特殊紙業株式会社(本社:愛知県瀬戸市、代表取締役社長:杉山真一郎)により製造されており、従来のOPP製パッケージと同等の保存性を有しています。2022年10月より順次店舗に並ぶ予定です。

LIMEX Sheetを使用したパッケージは従来のパッケージと比較し、石油由来プラスチックの使用量を約30%抑え、CO2排出量を削減することができます。また、LIMEX Sheetを製造している白石工場(宮城県白石市)と多賀城工場(宮城県多賀城市)は、実質「100%再生可能エネルギー」「CO2排出係数ゼロ」の電力を使用しています。

ニコニコのりは、包装容器のフィルムやトレーの薄肉化やスリム化、軽量化を進め、プラスチック使用量削減に努めており、このたび、LIMEXの環境性能を評価いただき採用に至りました。