一般社団法人全国古民家再生協会(東京都千代田区 理事長 杉本龍一)はSDGs(持続可能な開発目標においた取り組みとして、二酸化炭素の排出量を削減する【炭素の森プロジェクト】を推進しています。
本プロジェクトは通常、空き家や、古民家などの木造家屋が活用されずに解体されて廃棄される木材を再活用することにより、二酸化炭素の発生を抑制する地球環境に排除した循環型建築社会の創造を目的としています。本プロジェクト推進のために古材(解体して取り出した再活用可能な木材)の流通拠点「古材倉庫」の全国各地への設置を進めています。