―UNDP総裁アヒム・シュタイナー氏より感謝状贈呈―

株式会社博報堂DYホールディングスは、国連開発計画(UNDP)が2018年より世界各国で進めている「SDGインパクト」の取り組み普及のための特設サイトを制作いたしました。
また、世界に先駆けて「SDGインパクト基準研修」を日本で開始するために3年ぶりに来日したUNDPのアヒム・シュタイナー総裁より、当社のクリエイティブ・ボランティアの活動に対して、感謝状を贈呈されました。

 SDGsの目標期限である2030年まであと8年を切りましたが、SDGsは多くの企業や組織の事業活動に導入されてきています。次の段階として、より本質的な経営・事業の中核にSDGsを組み込み、実践し、社会課題解決に向けたインパクトを創出していく必要があります。これらの活動をわかりやすく説明するために「SDGインパクト」特設サイト制作にご協力いたしました。このサイトでは、「SDGインパクト」の濃い内容を最大限わかりやすく、かつ各種関連情報に迷わずたどり着けるように情報整理とデザインを行い、インパクトがありつつも本プロジェクトの第一歩としてふさわしい佇まいになるよう表現いたしました。

 また、7月14日に世界に先駆けて行われた「SDGインパクト基準研修」のグローバル発表会において、UNDPのアヒム・シュタイナー総裁より、以下のコメントと共に感謝状を贈呈されました。