-SDGs目標「11住み続けられるまちづくりを」への取り組み-

 徳島県とワタミ株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社:渡邉 美樹、以下「ワタミ」)は、本日7月20日、「高齢者等の地域見守り活動に関する協定」を締結し、徳島県庁にて締結式を行いましたので、お知らせいたします。徳島県では、消費者行政新未来創造オフィスと連携し、全国展開を見据えたプロジェクトとして、消費生活上特に配慮を要する消費者(高齢者、障がい者等)を見守る「消費者安全確保地域協議会(見守りネットワーク)」の全県的な設置に取り組んでおります。県域の関係機関・団体が連携し、高齢者・障がい者等の見守り等必要な取組について、情報交換、協議を行うことにより、市町村における見守りネットワーク構築の機運醸成を図っています。ワタミは、2011年、徳島市内より宅食事業をスタートさせ、現在は4営業所で毎日約1,400食のお弁当・お惣菜をお届けしています。ワタミは全国各地の自治体と連携を深めることで、SDGs17の目標のうち


「11.住み続けられるまちづくりを」に取り組んでまいります。